TOEIC対策と速読

TOEIC対策 - 左脳型速読

TOEIC対策に速読は効果的!

TOEICには速読が有効とよく言われます。

英文はたくさんの英単語が並んでいるので、通常以上に時間がかかります。

そのため、時間が足りなくなることもあるので、
リーディングに速読が有効と言われます。

しかし、ただの速読では意味がありません。

右脳型速読では、英文の内容をしっかり理解できないことがあります。

内容把握が重要なTOEICでは、きちんとした理解力が必要です。

英語でも日本語でも、速読は上手に活用をすれば効果的です。

もちろんTOEICにも活用ができます。

なかなかうまくいかない、スコアアップができないという場合は
右脳型ではなく左脳型速読が必須になります。

日本語だけでなく、あらゆる言葉に対応できるので、
他の語学習得にも活用できます。

ちょっとした工夫をして、速読で成功法を見つけてみませんか?

関連記事
  • 大学合格と速読

    速読を利用して第一志望の大学に合格受験に速読を活用されている方がとてもたくさんいます。本当に行きたい大学や高校があっても、合格できないと悔しですね。高校は妥協し ...

    2012/03/30

    入試 - 左脳型速読

  • 行政書士試験と速読

    速読を活用して行政書士の試験に合格した実例資格取得に有利だと言われている左脳型速読。実際に行政書士に合格した方がいます。一発目合格というわけではなく20代で失敗 ...

    2012/03/27

    左脳型速読 - 資格取得

  • 暗記と速読

    専門書の暗記には、左脳型速読がベスト専門書は難しく、読み進めて行くのが困難、そう思っている人も多いかもしれません。実は、専門書には左脳型速読が最適です。右脳と左 ...

    2012/03/24

    左脳型速読 - 暗記

  • 高齢者と速読

    70代の高齢者が身につけた速読速読は学生や社会人が活用するものと考えるかもしれませんが、そうではありません。加齢による体や脳の衰えがあっても、速読に年齢制限があ ...

    2012/03/21

    左脳型速読 - 高齢者

トラックバック
トラックバックURL