左脳型速読と英単語

川村明宏のジニアス速読術

単語帳を多く覚える、逆右脳速読とは?


右脳派、左脳派とよく言いますが、右脳派はイメージになります。

そのため、右脳型速読といえば「イメージで記憶」というのが
よくあるパターンです。

逆右脳=左脳型は、言語や計算が当てはまります。

実は効率良く勉強しようと思うのであれば、左脳が必要!

速読でも記憶術にしても、右脳型と左脳型がありますが、
逆右脳速読=左脳型速読ではインプットするため、単語もたくさん覚えられます。

英語の単語が覚えられるとしたら、当然個々の単語が連なっている
英文を読むこともスピードアップしていきます。

英語をまず日本語に直し、そこからイメージを
作っていくというような右脳型であれば、
速読ができたとしても理解するまでに時間がかかり
思うような効率アップにはなっていかないのです。

右利きは右手を使うので左脳を使い、自然に鍛えていると考えても、
逆右脳速読=左脳型速読の方が効率が良いと考えられるのではないでしょうか。

たくさんの単語をインプットするなら、
逆右脳、つまり左脳を使うことが重要です。



逆右脳速読=左脳型速読で、日本語以外の語学を勉強してみましょう!

川村明宏のジニアス速読術

コメントは受け付けていません。