暗記と速読

左脳型速読 - 暗記

専門書の暗記には、左脳型速読がベスト

専門書は難しく、読み進めて行くのが困難、
そう思っている人も多いかもしれません。

実は、専門書には左脳型速読が最適です。

右脳と左脳の働きが違うということは、ご存知かと思いますが、
左脳は思考や分析など難しいことを考える時に使います。

そのため、専門的な哲学書や専門用語の詰まった資格取得の参考書などは、
左脳を使う勉強法が最適です。

文章処理は左脳で、速読によって脳にインプットしていきます。

一般的に有名なイメージ化する右脳型速読では、
専門書をイメージすることが難しいため、記憶できないこともあります。

左脳型速読であれば、本来持っている力をアップしていくだけなので、
難しく考えることも、頭が悪いからと諦めてしまうこともありません。

今もっている左脳の力を多いに活かしていきましょう。

難しい本の理解と暗記に苦しんでいませんか?

関連記事
  • 大学合格と速読

    速読を利用して第一志望の大学に合格受験に速読を活用されている方がとてもたくさんいます。本当に行きたい大学や高校があっても、合格できないと悔しですね。高校は妥協し ...

    2012/03/30

    入試 - 左脳型速読

  • 行政書士試験と速読

    速読を活用して行政書士の試験に合格した実例資格取得に有利だと言われている左脳型速読。実際に行政書士に合格した方がいます。一発目合格というわけではなく20代で失敗 ...

    2012/03/27

    左脳型速読 - 資格取得

  • 高齢者と速読

    70代の高齢者が身につけた速読速読は学生や社会人が活用するものと考えるかもしれませんが、そうではありません。加齢による体や脳の衰えがあっても、速読に年齢制限があ ...

    2012/03/21

    左脳型速読 - 高齢者

  • スキマ時間と速読

    スキマ時間に速読は可能か?スキマ時間があった時、何もしないのはもったいないと思いませんか?そんな時間にできるのが速読です。たった10分だとしても、数倍のスピード ...

    2012/03/18

    左脳型速読

トラックバック
トラックバックURL