左脳型速読と英単語

左脳型速読

単語帳を多く覚える、逆右脳速読とは?

右脳派、左脳派とよく言いますが、右脳派はイメージになります。

そのため、右脳型速読といえば「イメージで記憶」というのが
よくあるパターンです。

逆右脳=左脳型は、言語や計算が当てはまります。

実は効率良く勉強しようと思うのであれば、左脳が必要!

速読でも記憶術にしても、右脳型と左脳型がありますが、
逆右脳速読=左脳型速読ではインプットするため、単語もたくさん覚えられます。

英語の単語が覚えられるとしたら、当然個々の単語が連なっている
英文を読むこともスピードアップしていきます。

英語をまず日本語に直し、そこからイメージを
作っていくというような右脳型であれば、
速読ができたとしても理解するまでに時間がかかり
思うような効率アップにはなっていかないのです。

右利きは右手を使うので左脳を使い、自然に鍛えていると考えても、
逆右脳速読=左脳型速読の方が効率が良いと考えられるのではないでしょうか。

たくさんの単語をインプットするなら、
逆右脳、つまり左脳を使うことが重要です。

逆右脳速読=左脳型速読で、日本語以外の語学を勉強してみましょう!

関連記事
  • 大学合格と速読

    速読を利用して第一志望の大学に合格受験に速読を活用されている方がとてもたくさんいます。本当に行きたい大学や高校があっても、合格できないと悔しですね。高校は妥協し ...

    2012/03/30

    入試 - 左脳型速読

  • 行政書士試験と速読

    速読を活用して行政書士の試験に合格した実例資格取得に有利だと言われている左脳型速読。実際に行政書士に合格した方がいます。一発目合格というわけではなく20代で失敗 ...

    2012/03/27

    左脳型速読 - 資格取得

  • 暗記と速読

    専門書の暗記には、左脳型速読がベスト専門書は難しく、読み進めて行くのが困難、そう思っている人も多いかもしれません。実は、専門書には左脳型速読が最適です。右脳と左 ...

    2012/03/24

    左脳型速読 - 暗記

  • 高齢者と速読

    70代の高齢者が身につけた速読速読は学生や社会人が活用するものと考えるかもしれませんが、そうではありません。加齢による体や脳の衰えがあっても、速読に年齢制限があ ...

    2012/03/21

    左脳型速読 - 高齢者

トラックバック
トラックバックURL