テストと速読

左脳型速読

速読を使った勉強法でテストの点数をあげる

テストの点数がなかなか上がらない理由のひとつに効率の悪さが
あげられます。

時間をかけて勉強をしても、集中力がなくなれば覚えられません。

つまり8時間勉強しても、理解をして頭に入っていなければ意味がないだけでなく、
疲れてしまいマイナスになってしまいます。

速読で短時間でインプットできれば、
より多くの量をこなすことで自信もつきます。

速読で頭の中にきちんと入れば、嫌いな勉強も短時間で終わり、
ますます集中力をつけていくことができます。

速読で勉強すれば、「後○日」から「まだ○日ある」になり、
気持ちに余裕ができて結果にも繋がります。

速読を活用することで、点数が上がらない、覚えられないという焦りから解放されます。

思うように成績が上がらずに悩んでいるなら、左脳型速読の力を借りると…

関連記事
  • 大学合格と速読

    速読を利用して第一志望の大学に合格受験に速読を活用されている方がとてもたくさんいます。本当に行きたい大学や高校があっても、合格できないと悔しですね。高校は妥協し ...

    2012/03/30

    入試 - 左脳型速読

  • 行政書士試験と速読

    速読を活用して行政書士の試験に合格した実例資格取得に有利だと言われている左脳型速読。実際に行政書士に合格した方がいます。一発目合格というわけではなく20代で失敗 ...

    2012/03/27

    左脳型速読 - 資格取得

  • 暗記と速読

    専門書の暗記には、左脳型速読がベスト専門書は難しく、読み進めて行くのが困難、そう思っている人も多いかもしれません。実は、専門書には左脳型速読が最適です。右脳と左 ...

    2012/03/24

    左脳型速読 - 暗記

  • 高齢者と速読

    70代の高齢者が身につけた速読速読は学生や社会人が活用するものと考えるかもしれませんが、そうではありません。加齢による体や脳の衰えがあっても、速読に年齢制限があ ...

    2012/03/21

    左脳型速読 - 高齢者

トラックバック
トラックバックURL